ハルマーの徒然日記

ハルマーの徒然日記

自作PC、ゲーム、ミリタリー、サイクリング等 日々の暮らしの中で思う事。


入山峠に和田峠、おうちに帰れない~?

IMG_1426_convert_20161114094911.jpg

↑これはおいらの墓標です。

昨日の土曜日もお仕事こなして、本日の日曜日は良い天気、ハンドルとサドルの調整の成果試そうと朝飯摂ってから遅めの出発でした。
最初は都民の森でも目指そうかな?ぐらいの気持ちでいたのですが、青梅側から都民の森となるとどうしても檜原側に出なくてはなりません。すると第一関門は「二ツ塚峠」。最高地点でおよそ315m位の峠なのですが、以前プレスポくんで都民の森目指した時は、ここで足が売り切れた覚えがあり、気が抜けません。
しかし今回はなんだか調子よく、頂上付近で汗出てきたな、ぐらいの感じ?
いやいや、うそうそ、インナーローでゆっくり、足に負担かけぬよう慎重に上りました。ここで足使ってしまったら後が大変ですもん。
下りで汗が冷やされ、だいぶ寒い思いしましたが、それでも今日はまだ11月としては暖かいほう。助かりました。
五日市駅過ぎて黒茶屋手前、なんだか呼ばれているようです。何に?って、もしかして?
いつの間にか黒茶屋を左折、え?
橋超えてさらに左折!え?もしや?いやいや、何かに引き寄せられてない?
この先、やべーって、絶対。
心の中の警報を無視させる、何かの魔術ですか?引き寄せられてますよ!変だもの、嫌いなんですから!坂道は!

IMG_1422_convert_20161114094805.jpg

先輩諸先生方のブログによれば、最高標高およそ600m、五日市側からだと195mぐらいからの挑戦となりますので400m以上登ることに。
結構路面、あれてます。奥に採石場あるので、平日はダンプの往来があり、道幅も狭いので普通車でもすれ違いが大変。気を抜いてると目の前に突然大穴がぽっかりってことが、間々ありますのでご注意を。
RIMG1042_convert_20161114163955.jpg

採石場超えるといよいよ登りが本格的に。一昨日の雨の影響で、路面未だに濡れており、特に日蔭はびっしょり。さらに湧水がちょろちょろと、洗ったばかりの愛車、泥まみれにされました。

RIMG1044_convert_20161114164027_20161114164830ef0.jpg

横に沢を見ながら登りますが、どんどん急になってきます。
って言うか、沢が隣にあるうちはまだましなほうでした。つづら折りを超えて沢離れてからが本番で。

RIMG1046_convert_20161114164119.jpg

風張峠目じゃねぇ!楽に15%超えてるっじゃね?いやいや、体感的には20%超えですよ!
しんどい、しんどい、しんどい、しんどい、うげ、すべる!

RIMG1047_convert_20161114164143.jpg

一回車で下見してるから、確かこのカーブの先当りが頂上だったんじゃね?それにしてももう限界だし、歩く位の速度でギリギリ登ってるけど、呼吸も1ケイデンス1呼吸から、すでに2呼吸!限界寸前!

RIMG1048_convert_20161114164228.jpg

がーん!頂上じゃねーよ!まだあんな所に道路あんじゃん!
やばい、心折れそう (涙)

やぱかったっす。何とか足つきなしで入山峠クリア。先ほど見えた道路は、頂上から先、工事中の林道でした。心折られて危うく脚付きするところでしたよ。
五日市側からのトライでしたが、路面は八王子側のほうがいくらか整っているようで。確かにトンネル越えの見晴らし最高ですから、八王子側からのトライのほうがご褒美感あります。五日市側からだと若干距離があるので、その分勾配はほんの少し穏やかなのかもしれません。下りが五日市側になると、路面あれてるので余程注意して走らないと、段差拾ってのリムうちパンク、やばそうです。現に捨てられたチューブ、見てますからね。
ただ八王子側の下り、日陰部分のコケが要注意です。飛ばして下ると滑って危険。
なんにしても下りは飛ばさずユックリ降りましょね。

IMG_1424_convert_20161114094828.jpg

さて、入山峠降りてくと当然の如く、魔境の入り口が口を開けて待っております。
その魔境の入り口が今の職場ってのもなんだかなあ。
現場確認しなきゃな、などといつもは決して思わない仕事への忠誠心?はて、変だわ。
いつの間にか、落合橋を右折しとる!
心の中のアラート鳴りっぱなし!やばいって!もう入山峠で脚散々削られてるんだから!
正気を取り戻すために、山下屋さんで補給。陣馬そば、美味しく頂きました。

RIMG1052_convert_20161114175944.jpg

IMG_1425_convert_20161114094851.jpg

山下屋さんから和田峠頂上まで、キャットアイアトラスで調べると3.63km、和田峠頂上が標高683m、山下屋さんが338m、標高差345mですから、平均勾配9.5%、所々で20%超える区間もあります。
これはもう、今のおいらには完全にオーバースペック!足付き必至!
それより、何でこんな所にいるのか、完全に魔物に取りつかれたのかも知れません。

RIMG1054_convert_20161114180715.jpg

ゲート潜るとすぐに10%超えの勾配!
入山峠で削られた脚、すでに限界間近です。ディーゼル心肺にしたって、1ケイデンス2呼吸戦法がもはや焼付き寸前なのは良く解っています。ただ、和田峠に挑戦しているおいらが良く解らないだけです。

RIMG1058_convert_20161114180856.jpg

ここらへんで勾配18%近く。
ペダルを踏み込んでトルク掛けようとすると、なんと前輪が一瞬浮き上がります。ウイリーしようとしてる訳じゃ無いのに、自然と前輪が。こんな経験初めてですわ。
ハンドル下げたのは正解だったようで、登りですが下ハン持って、ゆっくりペダル回す方が力が入り安いし、立ちごけ寸前の歩くような速度での登坂でも幾らか安定するようです。それに、上ハン持ってトルク掛けると腰が悲鳴を上げます。これも下ハンの方が体に負担が少ないようです。
ただ、もう前あまり見えません。見る余裕、無いもん。景色どころじゃありません。ゼイゼイがヒイヒイになり、ハアハアハアとなって来ます。カッコどころか、見栄えなど構うどころじゃありません。ハイカーたちも避けて通るほどの鬼の形相してたに違いありません。

RIMG1060_convert_20161114180935.jpg

ご覧いただけたでしょうか?この上に道路伸びてます。
自分的に最大の難所だったのがこの先のヘアピンカーブ。

IMG_1429_convert_20161114095001.jpg

内側よりも外側の方が距離が稼げるため、勾配優しくなります。しかし、日本は右側通行。順法が基本ですが、そんなもん、

知ったこっちゃねー!

よろよろとアウト側、反対車線へ進み出て、フラフラ登ります。
対向車のおじさん、ごめんなさい。でもね、順法してたら立ゴゲしてもっと危険ですから。はい。

もう、ディーゼルエンジン、じきに焼付きます。
止まる寸前です。黒い煙排いてます。
心拍数、175!これ以上は死んじゃいますよ!

辛れー、辛れー、攣るー、足攣るー、死ぬー、しぬー、シヌー

チーン

和田峠山頂に、フラグが、墓標が立ちました。

何とか足付き無しで登れましたが、プルプル、プルプル、脚、震えております。
まるで生まれたての小鹿のようですね。
Σ(‘ω‘ ;* )

和田峠の黒魔術から目覚め正気に戻ると、ここから家まで戻るのに、今来た峠、また戻らなければいけないことに気が付きました。
うちまで帰れるかな?
へ?!

キャプチャ


とりあえずカミさんにSMS。「脚、攣りそうでやばいんですけど」
返信「何時になっても構わねーから、今日中には帰って来い!♡」

ひょえー
家にも魔人がおったわー



スポンサーサイト

« »

11 2016
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール
「World of Tanks」戦績だけは7500回を超えたハルマーです。 自作PC、ミリタリー、サイクリング、ゲーム等日々の暮らしの中で思いついたことを画像とともに残していきたいと思っています。

ハルマー

Author:ハルマー
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近のトラックバック
訪問者数 from '12/5/15
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム